商品検索
旅の検索(ホテル名、旅館名など)

CADソフト

CADスクールではもちろん、CAD専用のソフトを使用して勉強していくのですが、そ
もそもCADソフトがどんなものか知らない人がほとんどでしょう。


実はCADソフトは数多く販売されています。CAD利用技術者試験、1級の実技試験な
ども、その多くのCADに対応しています。


しかしながら一番知りたいのはやはり、「どのCADを身につけたら就職や転職に有利に
なるか?」 ということに尽きると思います。せっかく勉強したのに、自分が希望する会
社では別のCADソフトの技術者を探していた、なんてことになったら困るからです。


そこでオススメのCADソフトを紹介することになるわけですが、意外と選択するのは難
しいのです。

そんな中でCADソフトとして一番多く使われ、仕事に結びつくCADを覚えられるおす
すめなソフトは「AutoCAD」というCADソフトです。このCADソフトはかなりの
数の企業で使用されているようです。


ただ勘違いしてほしくないのですが、自分が就職や転職を希望する企業・分野では別のC
ADソフトの取り扱いが多いということであれば、 そちらのCADソフトを勉強したほ
うがいいのは当然です。


それほどまでにCADソフトはたくさんの種類があります。その中でも企業で使われてい
るものはわずかではありますが、きちんと用途を理解して使用するようにしてほしいので
す。


図脳Sketch 7
図脳Sketch 7



こちらもどうぞ→ヴィヴィアン 財布 激安
タグ:CAD ソフト

CADとは

CADスクールが現在大変人気です。しかし、意外と「CADって何?」という人が多いのも事実です。ここではCADとは何なのかということから、CADスクールの現状などを解説していきたいと思います。


CADとは【Computer Aided Design】「コンピュータ支援設計」の略です。

つまり図面を描いたり、デザインするためのコンピューターソフトのことをいいます。以前は製図やトレースという手作業によって紙に設計図面を作成していたが、今ではほとんどの設計図は、CADを使ってコンピュータ上で描いています。


CADが製図やトレースなどに変わって脚光を浴びてきたのには理由があります。
いくつかありますが、おおまかにいうと次の5つです。


・CADのほうが手作業よりも図面の修正が簡単にできる。
・CADのほうが複雑な表現が可能である。
・CADのほうが計算せずに寸法が確認できる。
・CADのほうが図面のコピー、データの受け渡しが簡単にできる。
・CADのほうが設計段階でのシミュレーションが可能である。

CADスクールは、このCADというコンピューターソフトを使うことができる人間を養成するためのスクールです。


また最近の求人ではCADオペレーターやCAD技術者などの需要が急増しています。CADスクールの人気はCADの求人の多さからも推測できます。


TURBOSketch v15
TURBOSketch v15
タグ:CAD

CADスクールの受講料

CADスクールの受講費は安くはありません。 その背景には建築業界のCAD化が進み、高い月謝を払ってでもCADスクールへ通う人が増えているからに他なりません。 しかしCADとは補助的なものであり、簡単なCAD操作を習得するだけでは戦力にならないことは理解しておく必要があります。

CADスクールの中には、実務でCADを扱えば正味2〜3ヶ月でマスターしてしまうようなCAD操作に何十万も受講費が必要なところがあります。 こんなにも容易なCAD操作に何十万もかけて覚える人がいることに疑問を感じている人も少なくないのです。

CADスクールでは資格取得を目指して通う人も多くいます。CADの資格取得を目的としている人は、遠回りをしないようにCADスクールに通うほうが得策であると考えていますが、単にCADのスキルを得るためにCADスクールに通うのであれば、もっとリーズナブルなCADスクールもあるはずです。

CADスクールの中にはスクール事業を単体でおこなっているところばかりでなく、例えば建築デザイン会社などが独自にスクール事業をおこして生徒を募集しているところがあります。 比較検討してみた結果、CADスクール単体でおこなっているところよりも建築デザイン会社などが独自でおこなっているCADスクールのほうが受講費はかなり抑えられるようです。

CADスクールの選び方

CADスクールを考える上で、通学・通信・独学どれを選ぶかは大変重要なファクターです。 資格を取ろうと思ったら、まずは学校に通うか、独学で進めるのではないでしょうか。独学で合格できるのであれば、それに越したことはないのかもしれありませんが、かなりの強い意志とコツをつかんだ勉強法が必要になることは間違いありません。

CADの仕事は、資格取得自体よりも、資格取得後の仕事の経験のほうが何倍も大切です。CADの仕事を始めるきっかけとして資格を狙うのであれば、やはりCADスクールに通って、効率よく資格取得することがおすすめです。合格のポイントなどを聞けることは心強いのです。

CADスクールに通いたいけど忙しい人などは、通信講座のCAD講座を利用すると良いと思います。メールで質問すると詳しい解説メールを送ってくれまし、時間に縛られることが無いので忙しい人には最適でしょう。

CADスクールを探す上で通学にするか、通信講座にするかはとても大切なことです。 ただ、それぞれにメリット・デメリットがあるので、最後は自分の性格なども考えて決めていくことになります。

CADスクールは探してみると意外にたくさんあります。そのため、たくさん資料請求して比較することが必須です。せっかく高い学費を払うのですから、後悔をしないようにしっかりとリサーチをすることが大事です。

CAD資格を活かす職業

CADスクールで紹介されているCAD利用技術者の資格を活かす職業とは、一体どんなものがあるのでしょうか。 CADが利用されている分野は様々ですが、ここで一部紹介します。

○設計技術者
建築・土木・機械・電気といった分野での設計において、今やCADは欠かすことができません。CADの技術を持っていることが条件となっている企業も多く見られることから、更にCAD利用技術者の需要が高まってくると思います。

CADオペレーター
女性でも長く続けていける技術職として注目されています。CAD操作という、パソコンがあればできる仕事ということもあり、社員、派遣、在宅、と働き方も様々です。初心者からCADオペレーターになりたいと思ったときなど、その技術を証明する意味で資格を取得する人が増えています。

CADインストラクター
初心者からもインストラクターを目指せることを疑問に思うかもしれありませんが、CADの操作は努力次第でいくらでも伸ばせる技術です。 建築士やDTPオペレーターなど「感性」も重要視される職業と異なり、地道な努力で資格を活かせる場面も広がるはずです。

○インテリア・福祉の業界
分かりやすいプレゼンテーションや設計、改修工事などの現場でCADは必要とされています。単純にインテリアコーディネーターの知識だけではなく、CADの技術を持つことで仕事の幅を広げることが可能です。

○アパレル
いまやアパレルのデザイン分野においてもCADが導入されています。身近にあるものをCADで設計することは、社会で利用されることに対する充実感や、やりがいもCADならではです。
タグ:CAD 資格 職業
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。