商品検索
旅の検索(ホテル名、旅館名など)

CADソフト「AutoCAD」とは

CADスクールの多くで使用されているCADソフト「AutoCAD」とは、一体どんなソフトなのかを解説していきます。 ワープロやDTPに業界標準ソフトがあるように、CADにも業界標準ソフトがあります。その一つがAutoCADです。AutoCADは60〜100万円もする、大変高価なソフトです。なので「CADを勉強してみたい」と思った個人が、いきなり購入するには難しく、負担も大きいソフトです。

そこで、このAutoCADから3D機能などを取り除き価格も比較的手軽な、AutoCAD LTが広く使われるようになりました。 AutoCAD LTは実際に多くの企業で導入されており、AutoCAD LTの技術者が求められています。 また、AutoCAD LTを身につけておけば、AutoCADの習得へのステップアップもスムーズにできます。

CADソフトの高価さに驚いていませんか?CADを勉強しようにもCADソフトが購入できないようではCADを身に付けるのも難しいかもしれません。 しかし実はCADソフトの中には、無料のものがあるんです。

実はこの無料CADソフト、これまで多くの現場で使用されてきました。 その名も「JW−CAD」というCADソフトです。 このソフトは無料で手に入ることや、その操作性によって現在でも広く活用されています。 しかし汎用性に優れグローバル化に対応したAutoCAD導入への動きが進んでいるのも確かです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。