商品検索
旅の検索(ホテル名、旅館名など)

CAD利用技術者試験とは

CADスクールにはCAD利用技術者CADオペレータ)を養成する講座が存在します。 CAD利用技術者試験には社団法人パーソナルコンピュータソフトウェア協会の認定試験あり、これまでに40万人以上が受験をしている試験です。 またIT関連試験制度として認知されており、民間資格ですが経済産業省が後援しています。

CADスクールでもCAD利用技術者養成講座を受講する受講生は多いです。 なぜなら、いくつかあるCAD資格試験の中でも最大級の規模で実施され、企業からの認知度も高い資格試験だからです。 企業からの認知度が高いということもあり、まったくのCAD初心者CADを利用しての就職や転職を考える場合に受験する場面も多く見られます。

技術系試験の受験の際には、実務経験などを要する資格試験もありますが、このCAD利用技術者試験は受験資格・実務経験などが限定されていないこともあり、やる気さえあれば未経験からスペシャリストを目指すことができる資格と言えます。

CAD利用技術者2級は筆記試験、1級は実技試験が行われます。そのため、1・2級を両方習得することでCADの知識、操作能力を社会的に証明することができます。 また、平成18年度からの1級試験では、試験が「建築系」「機械系」に分かれ、筆記試験・実技試験が行われています。この改定によって専門性がさらに高まり、受け入れる企業にとってもより評価が行いやすい資格になると予想されます。

タグ:CAD 試験 資格
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。