商品検索
旅の検索(ホテル名、旅館名など)

CADスクールの受講料

CADスクールの受講費は安くはありません。 その背景には建築業界のCAD化が進み、高い月謝を払ってでもCADスクールへ通う人が増えているからに他なりません。 しかしCADとは補助的なものであり、簡単なCAD操作を習得するだけでは戦力にならないことは理解しておく必要があります。

CADスクールの中には、実務でCADを扱えば正味2〜3ヶ月でマスターしてしまうようなCAD操作に何十万も受講費が必要なところがあります。 こんなにも容易なCAD操作に何十万もかけて覚える人がいることに疑問を感じている人も少なくないのです。

CADスクールでは資格取得を目指して通う人も多くいます。CADの資格取得を目的としている人は、遠回りをしないようにCADスクールに通うほうが得策であると考えていますが、単にCADのスキルを得るためにCADスクールに通うのであれば、もっとリーズナブルなCADスクールもあるはずです。

CADスクールの中にはスクール事業を単体でおこなっているところばかりでなく、例えば建築デザイン会社などが独自にスクール事業をおこして生徒を募集しているところがあります。 比較検討してみた結果、CADスクール単体でおこなっているところよりも建築デザイン会社などが独自でおこなっているCADスクールのほうが受講費はかなり抑えられるようです。

CADスクールの選び方

CADスクールを考える上で、通学・通信・独学どれを選ぶかは大変重要なファクターです。 資格を取ろうと思ったら、まずは学校に通うか、独学で進めるのではないでしょうか。独学で合格できるのであれば、それに越したことはないのかもしれありませんが、かなりの強い意志とコツをつかんだ勉強法が必要になることは間違いありません。

CADの仕事は、資格取得自体よりも、資格取得後の仕事の経験のほうが何倍も大切です。CADの仕事を始めるきっかけとして資格を狙うのであれば、やはりCADスクールに通って、効率よく資格取得することがおすすめです。合格のポイントなどを聞けることは心強いのです。

CADスクールに通いたいけど忙しい人などは、通信講座のCAD講座を利用すると良いと思います。メールで質問すると詳しい解説メールを送ってくれまし、時間に縛られることが無いので忙しい人には最適でしょう。

CADスクールを探す上で通学にするか、通信講座にするかはとても大切なことです。 ただ、それぞれにメリット・デメリットがあるので、最後は自分の性格なども考えて決めていくことになります。

CADスクールは探してみると意外にたくさんあります。そのため、たくさん資料請求して比較することが必須です。せっかく高い学費を払うのですから、後悔をしないようにしっかりとリサーチをすることが大事です。

CAD資格を活かす職業

CADスクールで紹介されているCAD利用技術者の資格を活かす職業とは、一体どんなものがあるのでしょうか。 CADが利用されている分野は様々ですが、ここで一部紹介します。

○設計技術者
建築・土木・機械・電気といった分野での設計において、今やCADは欠かすことができません。CADの技術を持っていることが条件となっている企業も多く見られることから、更にCAD利用技術者の需要が高まってくると思います。

CADオペレーター
女性でも長く続けていける技術職として注目されています。CAD操作という、パソコンがあればできる仕事ということもあり、社員、派遣、在宅、と働き方も様々です。初心者からCADオペレーターになりたいと思ったときなど、その技術を証明する意味で資格を取得する人が増えています。

CADインストラクター
初心者からもインストラクターを目指せることを疑問に思うかもしれありませんが、CADの操作は努力次第でいくらでも伸ばせる技術です。 建築士やDTPオペレーターなど「感性」も重要視される職業と異なり、地道な努力で資格を活かせる場面も広がるはずです。

○インテリア・福祉の業界
分かりやすいプレゼンテーションや設計、改修工事などの現場でCADは必要とされています。単純にインテリアコーディネーターの知識だけではなく、CADの技術を持つことで仕事の幅を広げることが可能です。

○アパレル
いまやアパレルのデザイン分野においてもCADが導入されています。身近にあるものをCADで設計することは、社会で利用されることに対する充実感や、やりがいもCADならではです。
タグ:CAD 資格 職業

CAD資格をどう活かすか

CADスクールなどで、CADを勉強して資格をとる意義とは一体どんなところにあるのでしょうか。 ここ数年「資格」に対する関心、注目が高まってきています。毎年、毎年、新しい資格試験ができて、受験者数も増加しています。2つや3つ資格を取得していても、珍しくないという状況がうまれています。

しかしながらCADスクールCADを勉強して資格を取得しても、就職や転職・スキルアップに役立てている人と、資格を取得しても役立てられない人に分かれているという事実が存在します。

CADの資格を活かせる人、活かせない人の違いは何でしょうか? それは、CADの資格を取った先の目標をどれだけ明確に持てているかということにあるのではないでしょうか。 「資格を取得すること」は、「その後の人生が保障される」こととは異なることを理解しないといけません。 CADスクールに通い、CADの資格を取って、その後何をしていきたいかを明確にすることが、今後スキルを伸ばす上で大切になってくるでしょう。

CADスクールを決める前にこれだけはしっかりと考えていただきたいと思います。 今後どのようにCADの資格を活かしていきたいのか? 目標の仕事に就くためにCADの資格が必要なのか? この2つだけでもしっかりと考えてCADスクールを決めることが、CADのスキルを存分に発揮することにつながります。
タグ:CAD 資格

CAD利用技術者試験とは

CADスクールにはCAD利用技術者CADオペレータ)を養成する講座が存在します。 CAD利用技術者試験には社団法人パーソナルコンピュータソフトウェア協会の認定試験あり、これまでに40万人以上が受験をしている試験です。 またIT関連試験制度として認知されており、民間資格ですが経済産業省が後援しています。

CADスクールでもCAD利用技術者養成講座を受講する受講生は多いです。 なぜなら、いくつかあるCAD資格試験の中でも最大級の規模で実施され、企業からの認知度も高い資格試験だからです。 企業からの認知度が高いということもあり、まったくのCAD初心者CADを利用しての就職や転職を考える場合に受験する場面も多く見られます。

技術系試験の受験の際には、実務経験などを要する資格試験もありますが、このCAD利用技術者試験は受験資格・実務経験などが限定されていないこともあり、やる気さえあれば未経験からスペシャリストを目指すことができる資格と言えます。

CAD利用技術者2級は筆記試験、1級は実技試験が行われます。そのため、1・2級を両方習得することでCADの知識、操作能力を社会的に証明することができます。 また、平成18年度からの1級試験では、試験が「建築系」「機械系」に分かれ、筆記試験・実技試験が行われています。この改定によって専門性がさらに高まり、受け入れる企業にとってもより評価が行いやすい資格になると予想されます。

タグ:CAD 試験 資格

CADソフト「AutoCAD」とは

CADスクールの多くで使用されているCADソフト「AutoCAD」とは、一体どんなソフトなのかを解説していきます。 ワープロやDTPに業界標準ソフトがあるように、CADにも業界標準ソフトがあります。その一つがAutoCADです。AutoCADは60〜100万円もする、大変高価なソフトです。なので「CADを勉強してみたい」と思った個人が、いきなり購入するには難しく、負担も大きいソフトです。

そこで、このAutoCADから3D機能などを取り除き価格も比較的手軽な、AutoCAD LTが広く使われるようになりました。 AutoCAD LTは実際に多くの企業で導入されており、AutoCAD LTの技術者が求められています。 また、AutoCAD LTを身につけておけば、AutoCADの習得へのステップアップもスムーズにできます。

CADソフトの高価さに驚いていませんか?CADを勉強しようにもCADソフトが購入できないようではCADを身に付けるのも難しいかもしれません。 しかし実はCADソフトの中には、無料のものがあるんです。

実はこの無料CADソフト、これまで多くの現場で使用されてきました。 その名も「JW−CAD」というCADソフトです。 このソフトは無料で手に入ることや、その操作性によって現在でも広く活用されています。 しかし汎用性に優れグローバル化に対応したAutoCAD導入への動きが進んでいるのも確かです。

CADオペレータの需要

CADスクールが大変人気となっている理由として、需要と供給のバランスが悪いことがあげられます。つまりCADを使える人CADオペレータ)の絶対数が不足していることがあげられます。 それはCADが、機械・設備・電気・電子メーカー建築・土木業界などをはじめ、インテリア・アパレルから福祉分野まで、幅広い分野から必要とされる存在になっているからです。

CADオペレータの求人数はかなりの数存在します。 新聞の求人欄を見れば、必ずといっていいほどCADオペレータの求人募集が載っています。 現在では、CADを使用する分野の広がりとともに、多くの会社がCADを使いこなせる人材を求めるようになっています。 CADを覚えることは一つの技術を取得することなので、年齢は問わない場合がほとんどです。

残念ながらCADを覚えれば必ず就職できるという保証はありません。 しかし確実にいえるのは、CADを使いこなせる人は就職の際にかなり有利になることだけは間違いないということです。

CADスクールのサイトを見ているとCADを取得した際の就職先などが紹介されていたりします。 就職先は設計事務所や製造会社にだけ限定されるわけではないようです。 就職先の分野も様々で、「技術職、手に職」でずっと活かせる技術を探している人にはCADはぴったりなのかもしれません。

CADの難易度

CADスクールに行く前に、そもそもCADって初心者には難しいのではないかと思われる人も多いんじゃないでしょうか。確かにパソコンの操作に慣れていない人には、いきなりコンピューターソフトを使ってみてと言われても使えるわけがありません。 ただ実際にはCAD自体はそれほど難しいものではありません。

CADスクールでCADを勉強したいという知人に相談されたことがあるんですが、本当にCADの操作自体は決して難しいものではありません。 CADは、簡単に言ってしまうとパソコンの中に入った定規とコンパスなんです。複雑な図面の場合は、もちろん完成までに時間を要するかもしれません。しかし言ってしまえば、すべて単純な「線」や「円」が組み合わさったものなので、ひとつひとつの作業を積み重ねることができる人であれば、CADは容易に操作できるようになります。

CADスクールがこれほどまでに広まったのも、CADの操作自体はそれほど難しくないということも一因としてあると思います。 CADの操作自体が難しいのであれば、ここまでCADが広がることも無かったと思います。

CADを使うことによって、これまで経験によって図面に出ていた「差」も無くなり、未経験では難しいと思われがちだった設計・製図作業の分野が、誰でも目指せる分野になったのは確かではないでしょうか。 設計・製図といった技術系の仕事だったものが、あらゆる人達が挑戦できる仕事になったのもCADの普及があればこそです。
タグ:CAD
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。